TOP > シミのレーザー治療を受ける際はリスクも確認しよう

シミのレーザー治療を受ける際はリスクも確認しよう

女性の中には、レーザー照射を受けることによって身体のシミの治療を行う人が少なくありません。

レーザーによるシミ治療は、黒色や茶褐色の物体が反応する性質をもつレーザー光を皮膚に照射して熱の力で色素沈着を起こしている部分を破壊し、ターンオーバー効果によって色素沈着の無い皮膚に戻す手法で、1回につき数分程度の施術を1回から3回程度受けることで皮膚の状態を改善させることができます。

効果が非常に高い方法ですが、この方法を選択する際には施術を受けることによるリスクも当然考慮する必要があります。

ターゲットに応じた池袋のシミ治療の信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

まず、レーザー照射によって破壊できるのは、あくまで皮膚の表面にあるメラニン色素であるという点を頭にいれておかなければなりません。

メラニン色素は本来、紫外線による細胞の損傷から身体を守るためのバリアとして基底層にあるメラノサイトから生成されるものです。



このメラノサイトはレーザーによるシミ治療では除去することはできないため、いったん色素沈着がなくなっても、たくさんの紫外線を浴びることで再び同じ部分に色素沈着が生じる可能性があります。

良好な皮膚の状態を維持するためには徹底的な紫外線対策が求められます。



また、レーザー照射によるシミ治療では、施術を受ける前より色素沈着が酷くなる場合もあります。

これは施術した部分に炎症性の色素沈着が生じているのが主な原因で、大抵のケースでは数ヶ月間放置していれば自然に治っていきますが、まったく治る気配が無い場合や、色素沈着が気になって仕方がない場合は施術を受けた美容外科に行って医師に相談しましょう。