会計による財政状態の表示

会計とは、対象となる企業の1年間の経営成績と、年度末における財政状態を計算するための手法です。


会計からもたらされた情報は、投資家や銀行などの債権者、従業員、その企業自身などの意思決定に役立ちます。

貸借対照表というものをご存知でしょうか。
貸借対照表とは、会計から得られた情報の内、その企業の年度末における財政状態を表示する一覧表のことです。以下では、そんな貸借対照表の見方について見ていきたいと思います。
貸借対照表は、左右に分かれており左側には資産が、右側には負債と資本が表示されています。
資産は、企業資本の運用形態を示し、負債と資本は企業資本の調達源泉を示しています。

例えば、資産には商品や建物、機械などの項目が、負債には借入金など、資本には資本金などの項目が記載されています。

つまり、資金をどのように獲得したのかが負債と資本の項目に記載され、この2つで獲得した資金をどのように運用したのかが資産の項目に記載されているということです。
なお、負債と資本はよく似ていますが全く別のものです。

負債は債権者から借りているものなので返済する義務がありますが、資本は企業の所有者たる株主から出資してもらったものなので返済する義務はありません。

貸借対照表では、会計から得たれた資産、負債、資本と言った情報をそのまま表示してしまうのではなく、流動性配列法という方法により配置しています。流動性配列法とは、各項目を1年以内に現金収入を生み出す又は現金支出を生み出すものから順に配置していくという手法です。
企業が一番恐れるのは、お金がなくて債務を返済できないことです。

そのため、1年以内に現金収入になる又は現金支出になる項目から順に配置していき、その企業の支払能力を判定しやすくしているのです。

会計から得られた情報が雑然と記載されているだけでは、会計情報の利用者にとって有用なものとは言えません。


できるだけすっきりと記載し、会計情報の利用者がその企業の実情を把握しやすいように、貸借対照表では様々な工夫がなされています。

http://housekihiroba.jp/shop/c/c/
https://www.facebook.com/goldplaza
https://www.youtube.com/user/monobankTV











Copyright (C) 2015 会計による財政状態の表示 All Rights Reserved.